戯言草紙(CoJ/LoV3日記)

ゲーセンについて色々。最近はめっきりLoV3

色々と試す

〇△のツートップは難しいよね

二影剣でガラトリという組み合わせを見ることはあんまないと思います。

2枚が完成すると、ガラティンがAtk210、トリシュが220となり、
ウィークチェインを考えると、Atk240と250と見なせなくもないので
そんなに2トップとしてのスペックは悪くありません。
それでも使われないのは〇△が難しいからじゃないですかね。

〇△が使われることがあるのは海皇やダンタ紅蓮/オロバスや
カイシェラハとかアリダリなわけですけど、これらは
「△をシューターにしても火力がある」という特徴があります。

これは遠距離から十分に敵のディフェンダーに脅威を与えられないと
△がある程度前の方に出なくてはならず、相手アタッカーに狙われ易いためです。
□△構成ならシューターで火力が無くても相手アタッカーを□で狙えるので
まだいいんですけど、〇△構成はシューターで火力がある△じゃないと
扱うのはかなり苦しいと言えます。

ガラトリ構成の場合、ガラティンが完成しているという条件において、
トリシューラはシュータースタイルでもAtkが130になります。
ウィークが掛かるので一応、145と見なすことはできなくもないですが
味方の○に付いていくのは厳しいですわ。

ラージャン様に頼ろう(提案)

とはいえ、味方に□が居れば十分仕事はできるだろうし、
人獣には40コスディフェンダーで最強候補のラージャン様がいますので
ラージャンを採用しておいて序中盤をジャンケン的に2枚で戦って、
最終決戦までにマナへでもう一枚を用意するという作戦が結構通用します。
ラージャンとマナへが強いので、五影剣の弱い所をそれに補って貰う感じです。

ラージャンが入るデッキって、フェンラー以外現状あんまりないですよね。
人獣単だったらフォルコン入れて超魔にするかガレアード入れるし、
神と組むならイージスだろうし、不死と組むならゼロだろうし
海と魔は単色で組むことが推奨されますし。

ガラティルで相手のAtkが-30されると低Defのラージャンとしては有難いし、
ラージャンの居所としては結構いい様に思えます。

対面が○□+不死単相手の時とかに、隣の□を信頼してトリシューラから
スタートする勇気が必要になることが結構あるのがアレですが、
プラチナ帯なら問題なく使えると思うので、称号が欲しい人はお試しあれ。