戯言草紙(CoJ/LoV3日記)

ゲーセンについて色々。最近はめっきりLoV3

動画の解説だよ(虚目)

なんかプレイングが酷いと言われまくっててアレなので
何を考えてプレイしているのかをざーっと書くことにした。
「なにやってんだこいつ」と思ったら参照してもらいたい。

○初手
先攻とられて相手がまりねなので、ゼロジャッジ系を警戒して
竜巻かロックフォールを手に入れときたかったが、
ジークフリート2枚も良い手札なのでキープ

●相手先攻1ターン目
まりねだし、ここでハウンドだしてくるなら
赤黄か赤青かなぁと考える。

○自分後攻1ターン目
ロックが引けたのでウィニー系対策に取りあえず設置する。

キャットかクマティーナかは悩ましいところであるが、
ロックフォール発動の巻き添えにするならどちらの方が
良いだろうかとかそんなことを一瞬考えつつ、
後攻だし、次ターンに殴れる可能性などを考えてキャットムルを選択。

フォックスは出すかで少し悩む場面だが、
自分の場合はこういう時は基本的に出すことが多い。
相手の出方でトリガーが読めるので。

●相手先攻2ターン目
相手からすれば、こちらの緑伏せが防壁である可能性があるため
トリガーに防壁や覚醒があってもフォックスを焼いて、
キャットムルでブロックされるのは危ない、と考えるはずである。
なので、アタックをしてくるのであればキャットを焼いてくるはずで、
それは同時に相手のトリガーに悪の覚醒などがある証左となる。

今回の場合、先にビートルをやハッパを出して鎧を発動させた上で
緑トリガーを置いているのでかなり高確率で覚醒か防壁がある。

なので当然ランサーやフォックスでは受けられないのだが、
ハッパが出た時点で次ターンにロックフォールを撃つ選択肢ができ、
一瞬フォックスでブロックするか悩むが、ランサーをLv2に
するのも少し嫌だったのでここは受けることにする。

そして同時に相手は追い風ベリアル濃厚だなぁと考えだす。

○自分後攻2ターン目
ランサーのアタックを受けたものの

・相手はパンプ系が1枚以上ありこちらにはない
・こちらはBP1000を含めた2枚だけ

と危険な状態だなぁとターンの代わり際に思ったので
結局ロックフォールを撃つことにした。

●相手先攻3ターン目
特にいう事なし。キャットムルで相討ち取りに行かないのは
何度も書くが相手側にパンプ系のカードがあることが確定で、
次ターンにバルバトスの踏み台にする予定だから。

○自分後攻3ターン目
キャットを餌にするのつれーなーと思ってたら
フォックスがきたのでそっちを踏み台に。
ランサー2枚残すとキャットが死にそうだけど
追い風ベリアルの可能性があるので緑色を消すことが優先。

●相手先攻4ターン目
バルバトスでブロックするとOCしてしまいそうだし
ここまで露骨にチャンプアタックされると
何かあるんじゃないかと疑ってキャットムルで受け。

○自分後攻4ターン目
ラッキーなことにジークフリートがOCして
鎧からロックフォールが引き込めたのでコンボができる。
CPが7になりさえすれば、一気に5点が見込める状態になった。

なので、この辺りから無理せずあと2ターン凌ぐことを
最優先にしようと考え始める。

相手のJOKERゲージも増やしたくないし、
ベリアルを出されてユニットの数を減らされるのも嫌なので、
ブロック要員としてバルバトスを残した。

●相手先攻5ターン目
ベリアルとかドラゴン来るなよーってことしか
考えてない(阿呆)

○自分後攻5ターン目
ジークフリートを出すと勝利は確定しないが
盤面が非常に有利になるため、
ギャンブルでコンボを狙いに行くか手堅くいくかで悩む。

無駄に相手のJOKERゲージを貯めさせたくないなとか、
ちょっと頭によぎったせいもあるんだけど
相手のライフを5まで減らさないと1ショットできないんだから
キャットは殴るのがどう考えても正解であった。

●相手先攻6ターン目
何も来なかったのでチェックメイト一歩手前。

○自分後攻6ターン目
ロックしてバルバの攻撃が通ったのでチェックメイト

これ、ここでバルバをブロックする人はまずいないだろうけど
もしブロックされてたらこのターン削りきれてないんだよなー。
そう考えると前ターンにキャットが殴ってなかったのは
実は結構大きなミスだったと言える。

ジークをハルバに重ねても終わりだったんだけど、
行動権回復することはすっかり忘れてた。