戯言草紙(CoJ/LoV3日記)

ゲーセンについて色々。最近はめっきりLoV3

最近の環境と0コストユニット

現在の環境とか

超高速ではなくなったものの、初期Verから強デッキとして
君臨し続けている突撃の合図系が相変わらず強く、
トップメタとなっているようだ。

それと同時に、ニュクスを採用した青緑系もまた台頭している。
ニュクスによる終盤の息切れし無さは凶悪である。

そして、どちらに対しても対策となっているのが、
赤の即効バーン+ベリアルデッキ。
先の2デッキに対しては、最速4ターン目にベリアルを出せれば
それで終わりになる事が多い。
青緑の場合、ニュクスで立て直される場合もあるが…。

緑はポメの富士とクマティーナが優秀な2コスとして入ったが、
今の所それほど強くなった感は感じない。
ロックフォールと大竜巻が突撃デッキに効くし、
ロックフォールは青緑にも効くのである程度は戦えるはずだが。

だいたいそんな感じ。


なお、残念ながら私は仕事の関係でCoJをプレイすることが
かなり困難な状況になってしまった。
少なくとも、動画を投稿することはほぼ不可能で、
今年中に沙夜で1000戦をこなすことも難しいだろう。無念である。

0コストユニットの罪

話は変わって、前に冗談めかしてTweetしたことがあるのだが。

ユニットの強さの一つに指針として「コスト対BP」がある。
ユニットのドライブコストで、そのユニットのBPを割った値が
それにあたるんだが(リーフィアとかは能力込でBP8000と考える)

一般にこのコスト対BPが高いユニットは緑に多く
リーフィアは「8000÷3=2667」ビートルは「5000÷1=5000」
ポメの富士は「7000÷2=3500」という具合で、
2500を超えていれば大体コスト比は優秀だと思っていい。

現状では、ビートルが最も優秀、とされそうであるが
実はそれをはるかに超越した「コスト対BP」を持つ
カードがCoJには存在している。

それは0コストのユニット群である。
奴らは計算上は「1000÷0≒∞」という凶悪さになる。

MtGでは、ユニットがプレイヤーアタックに成功した時に
減らすライフの減少値はユニットのBPに比例して増える。
(CoJも、ロケテの段階ではそうだったと噂で聞く)

しかし、現状のように、BPの多寡に関わらずアタックが通れば
1ライフ減らすというこのゲームシステムにおいては
0コストユニットは上手く使えるなら強力であるといえる。

その0コストユニットを上手く使う方法というのが、
高コストの進化カードへ手早く繋いだり、
重めのインターセプトを早い段階から多く使える
というところである。

ハウリングや追い風、アマブレやエクト、
ジャッジに突撃は効果は強いがコストが重い所で
バランスを取っているのだが、0コスユニットはそれらを
簡単に使用させてくれる。

想定していなかったわけがないのだが、
突撃の合図との相性は非常に良く、
さらにそこにKPというトンデモが加わったのが今の環境。

1.0コス並べつつ陳列台やハウリングでデッキを掘る
2.KPを手札内でオーバークロックし、突撃を手に入れる
3.KPを出して0コスを手札に戻す
4.0コスを出して突撃を撃つ

という非常に分かり易いコンボは
現状最凶のコンボなので恐らくメスは入るだろうが、
0コストユニットが禁止されない限りは
突撃とKPは「書いてあることが強い」ので、
相当厳しい調整をしなければならず、
落としどころを見つけるのは難しいだろう。