ワールウィンドデッキ

と名付けましょうか。

先日の大会の時に、ターボベリアル/毘沙門天をメタるつもりで作ったデッキを
更にいじった感じのこんな感じのデッキ。
f:id:sisui_ro:20130806011127j:plain

1枚刺しや2枚刺しのユニットカードが中途半端にあるけど、
色割合とか色々考えた上でのバランスなのである。

大型が減りつつある環境なので、2~3CPのユニットを多数叩き込んで、
全員でバンザイアタックするのを多数の戦闘系インターセプトで援護し、
油断した相手の攻撃を逆転の大竜巻で咎める、というデッキである。

短期決戦にならなければほぼ負けなので、沙夜で使っても問題ないしね!

しかし、このデッキ使ってて、拷問官アーテーが案外強いな、と感じ始めたことよ。
後攻の時でもこちらから先に攻撃を仕掛けられる、というのは大きいわ。
評価を改めないといけないかも。

BP3000って、悪の覚醒や不可侵を加味するとBP5000のボーダーを超えるから、
案外ブロックされ辛いんだよね。

弄る部分としては、アースクエイクを一枚ぐらいスピアーにしてもいいかなって辺り。