戯言草紙(CoJ/LoV3日記)

ゲーセンについて色々。最近はめっきりLoV3

最近の情勢

「湖畔のアリエ」「タイタンの鉄鎖」「ジャンプー」といった
デッキの中核を担うカードが手に入りやすく、
「ジャッジメント」という非常に分かりやすい勝ち筋を持った
「黄ウィニー」が基本的にメタの中心にあると考えて良い。


この「黄ウィニー」系に対抗するデッキとして使われるのが
戦闘に頼らずに「黄ウィニー」達を排除することができる
「ランサー」「アースクエイク」「アーマーブレイク」
「魔槍のリリム」「蛮王ベリアル」を擁する「赤バーン」である。

当然、これらを補助として「黄ウィニー」に加えた「黄赤ウィニー」も
強力なデッキとして存在している。


で、「赤バーン」系に対抗するデッキとして使われるのが
簡単に焼けないサイズのユニットを展開して押し切る緑系のデッキだ。

緑は戦闘以外でブロッカーを除去することがほぼできないため、
それを補うために赤の火力を加えた、いわゆる「ステロイド」があるし、
「赤バーン」に耐性をつけるために緑ユニットをメインに採用し、
黄の行動権阻害で援護する「緑黄ビートダウン」系のデッキも多い。


そして、少数精鋭の「緑の中・大型ユニット」を並べるデッキは展開が遅く、
「黄の行動権阻害」が有効に働く相手になる。


黄ウィニー<赤の火力<緑の中・大型ユニット<黄ウィニー


という三角関係になっていると思えばよく、
序盤は皆「ステロイド」なのでそれをメタった「黄ウィニー」に
ボコボコにされるという寸法。

今後大幅に色の役割が変わらない限り、この関係が続くだろう。


青は、赤の火力を青の除去と差し換えて、
「黄赤ウィニー」→「黄青ウィニー」
ステロイド」→「緑青ビートダウン」
という編成で用いられる事が多い。

青を差し込むと、三角関係の三種どれにも対抗しやすくなるが、
CPを相手ターンに残す必要性が増え、デッキの回転が悪くなりがちなのが欠点。


他にも、青赤で雑魚は軽い火力で焼き、大型は青の除去で潰す、
というデッキ構成もあるようだが、ユニットで苦しむ事が多い。


三角関係のどこに自分が位置したいのか、考えておくと良い。