箱台鎧セットの効能について

「サプライズボックス」で「何でも屋の陳列台」「新品の鎧」
さらに「サプライズボックス」などを引っ張ってこれると
手札の枚数を増やせることが知られている。

実際にどれぐらい加速するのかとか、どういう組み合わせが良さげなのかとか
ちょっと調べたかったので、適当にシミュレートしてみた。
シミュレータがバグってたらすまぬ。
まぁ参考データということで……。

とりあえず、シミュレートするにも完璧にCOJを再現するのは
あまりにしんどいので、次のような前提を設ける。
なので、実際のプレイでは今回のシミュレート結果よりも
効率は上下するはずだが、まぁ雰囲気ぐらいはつかめるだろう。

──────────────────────────────────────
前提1:先攻でマリガン無し
前提2:第5ターン開始時の時点で、それまでに引いてきた
    カードの枚数で評価比較する
前提3:各種ユニットやインターセプトの能力によるドローは
    一切考慮しない
前提4:トリガーでドローしたカードは、次のターンの開始時に
    ドローしたものとして扱う
    (1ターンにユニットは1体しか呼べないという想定)
前提5:ターン開始時にドローしてきたトリガーは
    そのターンに必ず効果を発揮する
    (前提4との関係に注意)
前提6:トリガーは引いた順番に発動させる
    (実際には順番考慮した方が効率上がる事があるよ)
──────────────────────────────────────

で、デッキ構成を5パターン想定して、
それぞれ1万回デッキを回した場合の平均結果は次のような感じ

デッキ構成 ユニット トリガー インタ 総枚数
生物24 箱3 鎧3 台3 イ7 8.3 4.5 3.3 16.1
生物24 箱3 鎧2 台3 イ8 8.4 4.1 3.5 15.9
生物24 箱3 鎧3 台2 イ8 8.1 4.0 3.7 15.8
生物24 箱2 鎧3 台3 イ8 8.2 3.5 3.6 15.3
生物24 箱3 鎧2 台2 イ9 8.0 3.4 3.7 15.1

カード効果が一切なかった場合、
先攻側は第5ターンの開始時点では
12枚しか引けていない筈なので、大体3~4枚ほど
ドローにブーストが掛かる感じのようである。

なんか、思ったよりも加速していないように感じるけど、
マリガンをしていないために、初手でサプライズボックスを
引いていないことが多々あるので、それらがだいぶ
平均値を下げているものと思われる。

実際には、サプライズボックスを初手でいれれば、
もう1~1.5枚ぐらいは平均上がるんじゃないだろうか。