戯言草紙(CoJ/LoV3日記)

ゲーセンについて色々。最近はめっきりLoV3

カード評価 Ver.1.0 CP2~CP3のユニット編

大分色々なデッキに遭遇するようになったな。

黄色の行動権阻害+ジャッジメントを主軸に
緑/赤の生物群を入れた物。
青の除去と軽量クリーチャーを主軸に
場をコントロールする物。
赤の火力と緑の中量生物で戦い、
蛮王ベリアルで場を制圧する物。

等が多い感覚。


さて、引き続きカード評価を書いてみようと思う。

普通に色毎に書くのではなく、種類/CP順に書く。
評価はA~Eで付けることにする。
大体意味合いは

A:非常に強力で、デッキへの採用を強く検討するべき
B:強いので問題無い範囲でデッキに入れるべき
C:A/B以外でデッキを埋める場合はまずこれらから
D:あまり採用したくない(色/デッキバランス的に仕方ない場合などに)
E:採用するべきではない(他の選択肢を探そう)

【CP2ユニットについて】

何気に数はそれほど多くなく、CP3のユニットには
勝てないような性能なので、あまり沢山入れると
中盤以降に圧殺されがちな枠。
BPは5000が基本で、有効な能力が付くたびにちょっと下がる。

ランサー(赤ユニット/CP2/4000) 評価:B

弱いユニットをたくさん並べるデッキに特効な能力を持つ。
赤に限って言えば、BP4000のユニットが「アーマーブレイク」と
こいつの能力で落とせるようになるのが地味に効果があったり。
そうでなくても、BP5000の相手とは相討ちになれるので
攻撃に使う分には問題は無い。

拷問官アーテー(赤ユニット/CP2/3000) 評価:D

残念だが、十分なサイズがあった上でならば
[スピードムーブ]は役に立つが、このBPでは……。
レアリティがRなのが不思議なぐらい。

先攻で出せて確実に1ライフリードできる、とかなら
まだ意味もあるのだがCOJでは先攻での攻撃が
禁止されているために厳しい状況。

ルインガーディアン(黄ユニット/CP2/4000) 評価:C

「サイボーグ傭兵」の強化版で「ブロッカー」持ちのため
ブロック時にはBPが6000とCP3並みのサイズになるため、
C/P(コスパフォ)は良い。

ただ、BP6000は適当なCP2ユニットにBP+を付けたりして
簡単に越えられるので中盤以降は役に立たなくなりがち。
先述の「ランサー」+「アーマーブレイク」で落とされたり
することもあるのですごく強いかと言うと、そうでもない。

スカルウォーカー(青ユニット/CP2/3000) 評価:C

事実上、タイムラグはあるがほとんどの場合で
手札を減らすことなく呼び出せるユニットだと考えていい。

BPが低いために負け覚悟でブロックに使うことが多く
普通であれば「手札を減らさずに1ライフ守る」という
効果になるが、相手のクロックLVも上がってしまうために
あまり有効に感じられない所である。

しかし、青にはLvが上がったユニットを除去するカードが
あるため、それの下準備ができると考えられるなら、
有効に感じられるだろう。

しかも、捨札から拾い上げたカードが強力なユニット
だったりすればより有効感が強まる。

ドン・ペロッツァーノ(青ユニット/CP2/4000) 評価:D

手札でLv3までオーバーロードできれば有効だが……。
青単色でCPが軽いユニットが必要な場合に何とか。

中忍月影(青ユニット/CP2/3000) 評価:C

ドンよりBPが低いが、ブロックを強要する力が強いので
青の特性とは相性は良い。

グラインドビートル(緑ユニット/CP2/5000) 評価:B

実質CP1でBP5000あると考えるとC/Pがとても良い。
ただ、強さ的にはどうしても「キャットムル」の方が
上なので、どちらを採用するか、どう配分するかは
悩みどころ。

キャットムル(緑ユニット/CP2/5000) 評価:B

[不屈]持ちは単純に「攻守で使える=ユニット2枚分」
なのでC/Pが高く強いです。対黄用に。

【CP3ユニットについて】

中盤を支える枠でありつつ、一部凶悪なのが
含まれるのでその辺りに注意。

ヘルハウンド(赤ユニット/CP3/3000) 評価:D

赤得意のトリガー破壊を内蔵したユニット。
CIP能力は強いのだが、いかんせんBPが一発除去範囲の
3000というのが痛い。
4/5000あればもう少し評価はあがるのだが……。

クラブドーザー(赤ユニット/CP3/6000) 評価:C

なんと、Ver.1.0で唯一の「能力を持たない」
いわゆる「バニラ」カード。
他の色には大量にこれの上位互換があるわけで微妙だが
赤の中では弱い訳ではないので単色の場合、
デッキ内のコスト調整で居場所はある。

ヤシオノトクリ(黄ユニット/CP3/3000) 評価:D

CIP付きだが、対象選択が運次第、または
一手必要なので使い勝手が悪い。
これもBPが4/5000あれば……。

護符剣士ライマル(黄ユニット/CP3/6000) 評価:B

[不屈]持ちは強いんですよ単純に。

ヴァイパー(青ユニット/CP3/4000) 評価:B

手札を減らさずに済むというCIP持ち。
「ヘルハウンド」「ヤシオトクリ」と比べると
CIPの発動制限が非常に緩い(ランダム性は高いが)のと
基礎BPが弱火力の射程外である4000というのが良い。
弱ユニットを並べる青の特性と合う。

フレスベルグ(青ユニット/CP3/6000) 評価:B~C

状況次第では、ブロックを強制できるので
そこそこ強い能力持ちなのわりかし強い気がするが
能力が発動する時=相手にLv2以上が居る時
なので、そのLv2の相手にブロックされたらあんまり
いみねーなぁっていう。

青の中では最高のBPを持ちつつCP3だから普通に
枠埋めで入れても良いのでこんな評価。

メガジョー(青ユニット/CP3/6000) 評価:C

ロマンカード、と思いきや適切にデッキを組むと
場に赤黄緑を揃えること自体はそんなに難しくない。
ただ、相手が金魚だった場合に限るが。

普通にBP6000あるし、他3色が入ってるデッキだったら
調整して青をこれだけ3枚挿ししても案外働く。

リーフィア(緑ユニット/CP3/6000) 評価:A

CP3最凶のユニット。
ブロックに回ると[ブロッカー]能力により、
BPが8000に跳ね上がる。
これを素で突破しようと思うと、
ほぼ相手にカード2枚以上のリソース消費を
強いることになる。

しかも、基礎BP6000なので普通に殴りに
回ることも可能と言う。壊れ気味。

バブレスウルフィン(緑ユニット/CP3/5000) 評価:C

[貫通]は大型ユニットが持ってこそ意味があるので、
BP5000程度では中々厳しいものがある。
上手くインターセプトで援護できれば、
確実に相手のライフを減らすことはできるので、
弱い訳ではないが……。

鬼ブル(緑ユニット/CP3/5000) 評価:B~C

実質BP6000のユニットで、1回殴って生還すれば、
次からはBP7000扱いと、実に厄介。
同コストのリーフィアと比べられるのが可哀想だが強い。